僕なりのシニア(高齢)犬の美容

こんにちは!

ペットサロンWONWONのトリマー山口です。

今回はシニア(高齢)犬の美容を僕がどのようにしているかというのを書いてみようと思います!

4月に入りとても暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね!

春の陽気な天気に毎日眠いです(笑)

ただ、急に暖かくなり体調を崩してしまいがちです!

WONWONで働き始めて、こんなにも長生きしてるんだ!って子が多くその子達を美容していくうちに自分なりのトリミングができるようになりました🐩

あくまで個人的なやり方ですけど…

まずはその子の美容の日の体調、様子などがないのかを観ます。

そして立たせなくてもできる作業の

・爪切り

・足裏バリカン

・肛門バリカン

をします。

逆の足がやりたいってなったら無理に足を引っ張りだすのではなく、逆向きに寝かしてあげてやります。

この時テーブルが固そうならタオルなど敷いてやります。

お腹、内股の毛をスッキリしたいってなったら自分の膝の上に仰向けにさせてあげてバリカンを使ってやります。

この時に無理に仰向けにすると体力を使ってしまうので仰向けが出来なければ寝たまま片足を優しくあげて刈ってます。

シャンプーでは汚れがひどくない子だったら濡らすと同時に桶にお湯をためて、シャンプーの原液を入れ泡だてて洗います。

顔周りは鼻に入ると危ないのでスポンジやポンプを使い洗います!

汚れが落ちにくそうであれば多少肌に刺激がありますが汚れ落ちの良いシャンプーで同様に洗います。(シャンプー後に保湿などしてあげます。)

ドライヤーをかける前にタオルでしっかり水気をきります。

ドライヤーの温度は生暖かい風で乾かしてます。

ブラシでいきなり乾かそうとすると肌が赤くなったりするので、少し手で乾かしてます。

ここもシャンプーで疲れて横になる子はそのまま横の状態で乾かして、優しく向き変えて逆も乾かしてます。

お腹もバリカン同様膝の上で乾かします。

全体乾いたら少し休憩させます。

やはりぶっ通しでの美容は僕も集中力が持たないので(笑)

カットについては本当に素直なカットをしています!

上手い下手とか関係なく、出来ないことは無理にせずその子がしんどそうなら綺麗に揃えれなくても仕上げてお返ししてます。

ただ、涙やけなどうんち、おしっこで汚れるところはスッキリカットしてます。

わんちゃんに身を任せる感じで美容を行ってます。

全然綺麗に揃ってないと思われても仕方ありませんが、その日にできる限りでさせていただいてます。

そこはきちんと飼い主さんに了承を頂いてます。

シャンプーとカットを2日に分けてしてくださる方もいます。

無事に美容が終わると僕もホッとします。

わんちゃんは疲れてるのか気持ちよさそうに寝てますが、そんな顔がとても癒されてます❤️

飼い主さんに喜んでもらえるとモチベーションも上がります。

きっとこれからもっとシニア(高齢)犬が増えてくると思います。

更に気が抜けない美容になると思いますがしっかり美容させていただきますのでよろしくお願いします😊

今回は文字ばかりで長い感じになりましたが読んでいただきありがとうございます⭐️

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中