『お肌の保湿と肌トラブル』

犬は皮膚の薄さが人間の3~5倍と、とてもデリケートです。

 

残暑が終わる9月終わりから10月に掛けては段々と

空気の乾燥と共に皮膚がカサカサしてきます。

download.png

犬の皮膚は被毛に覆われている為、よく観察しないと

乾燥しているかよく分からない事があります。

 

犬の皮膚トラブルは、

・皮膚、被毛が乾燥してくる 

・フケのような物がでてくる

・痒がって身体を舐める

・皮膚が赤くなる

 

などのサインが目印になります。

 犬の肌はとてもデリケートです。

 

ジャックラッセルテリアや柴犬のような寒さに強い犬種の

皮膚トラブルの原因は、室内の暖房器具にあります。

 

だからと言って、暖房器具を全く使用しない訳にも行きません。

 

可能な限り暖房器具の仕様を控え、

室内の暖かい部屋と涼しい部屋を行き来出来るように

してあげましょう。

 

愛犬を乾燥している部屋にずっと閉じ込めておく事が

皮膚トラブルの原因になります。

 

【肌の保湿対策を】

愛犬が皮膚トラブルを抱えている家庭は少なくありません。

 

特に肌トラブルがひどい犬には、

しっかりとした保湿対策が必要になります。

 

例えば、

 

・薬用保湿シャンプーを使う 

・保湿効果のある入浴剤で沐浴する 

・保湿効果のあるモイスチャースプレーを使う

・脂肪分の多い食材やオイルを加えたフードに切り替える

・被毛の脂肪分補うコートコンディショナーを使う

 

などがあります。

 

お肌の状態によって食事療法や外部からの保湿など

対策は違ってきますが

 

お悩みの飼い主様がいらっしゃいましたら

スタッフに是非ご相談くださいね!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中